1. EU910|超音波治療器(伊藤超短波)

  2. アストロン|超音波治療器(テクノリンク)

  3. ウルトラソン|超音波治療器(日本メディックス)

  4. UST770|超音波治療器(伊藤超短波)

  1. アステオ|SSP複合治療器(日本メディックス)

  2. ES5000|複合治療機(伊藤超短波)

  1. ネオテクトロン|低周波治療器(テクノリンク)

  2. アストロン|超音波治療器(テクノリンク)

  3. アステオ|SSP複合治療器(日本メディックス)

  4. ルティーナ|低周波治療器(日本メディックス)

  5. セダンテネオ|干渉波治療器(日本メディックス)

  1. ウィンバック|ラジオ波(高周波治療器)

  2. ラジオスティム|ラジオ波(高周波治療器)

  1. セダンテネオ|干渉波治療器(日本メディックス)

  1. SONON(ソノン)|超音波画像診断装置

  2. HS-2200|超音波画像診断装置

  1. ES4000|ハイボルテージ(伊藤超短波)

  2. フィジオアクティブHV|ハイボルテージ(酒井医療株式会社)

  3. HVMCデルタ|ハイボルテージ(日本メディックス)

  4. EU910|超音波治療器(伊藤超短波)

  5. ES5000|複合治療機(伊藤超短波)

  1. EMS8|EMS機器(酒井医療株式会社)

  1. ショックマスター|圧力波治療器(酒井医療株式会社)

  2. MASTERPULS®ONE/マスターパルスONE|圧力波治療器

  1. セラピア|赤外線治療器(日本メディックス)

  2. フィジオパック|ホットパック(酒井医療株式会社)

  3. ITO-Inbody370s|体成分分析装置(伊藤超短波)

  1. 経営理念

    Kaz株式会社の3つの経営理念

  2. 会社概要

    Kaz株式会社 会社概要

  3. あいさつ

    整骨院の開業支援と医療機器販売はお任せください!

ハイボルテージ

HVMCデルタ|ハイボルテージ(日本メディックス)

低周波治療器・ハイボルテージ|HVMCデルタ

名称 HVMCデルタ
メーカー 日本メディックス株式会社
カテゴリー ハイボルテージ,低周波治療器
概要 HVMCデルタは、ハイボルテージとマイクロカレントをシンプルでコンパクトに使いこなすことができます。

HVMCデルタの特徴

  • シンプルでコンパクト
  • 3つの治療モード
  • ビリビリ感の抑制
  • コンビネーション治療

ハイボルテージ HVMCデルタの詳細

シンプルでコンパクト

HVMCデルタノ特徴の一つとして、シンプルでコンパクトなのに高機能というところです。

徒手療法を行いながら片手で操作できるように追求されたプローブや、電流・電圧の数値が確認しやすい8.4インチのカラータッチパネル、画像とテキストでわかりやすい各治療モードに対応したガイダンス画面など、HVMCデルタはシンプルでコンパクトな中に多くの機能性を搭載しています。

3つの治療モード

HVMCデルタは、HV/MC/MCCの3つの治療モードがあります。

ハイボルテージ【HV:高電圧】

ハイボルテージの治療目的は、深層への刺激・疼痛抑制(ゲートコントロール)・筋機能改善(NMESによる促通・筋ポンプ機能)などです。

疼痛の軽減や血流促進、皮膚潰痕の治癒促進などでも使用されます。

マイクロカレント【MC:微弱電流】

マイクロカレントの治療目的は、治癒の促進(ATP生成・タンパク質合成率の増加)・疼痛緩和(発痛物質、疲労物質の除去)などです。

細胞レベルでの代謝の活性化の促進も可能なので、運動後の筋肉痛の軽減や、炎症の抑制なども期待できます。

全身調整微弱療法【MCC】

MCC治療は、上下肢それぞれ4箇所から微弱電流を流すことで生体恒常性(ホメオスターシス)を調整し、全身の細胞の活性化を図ります。

疲労やスポーツなどでの全身のコンディショニング調整などでも使用されます。

ビリビリ感の抑制

HVMCデルタのハイボルテージは、高電圧な最大480Vの電気刺激を瞬間的に加えることで皮膚抵抗を少なく深層へアプローチすることができます。

皮膚潰痕の治癒促進などでも利用されるのも、皮膚インピーダンスの影響を受けにくいという特徴があるからこそ可能なのです、

コンビネーション治療

HVMCデルタは、超音波治療器/超音波骨折治療器「ウルトラソン」とリンクさせることでコンビネーション治療ができます。

痛みの改善や治癒の促進などの効率化に加え、硬結部位の弛緩作用などの促進も期待できます。

HVデルタの治療例

急性期:マイクロカレント

打撲や捻挫、挫傷などの急性外傷、スポーツのトレーニングや試合後の痛みや熱感に対して

亜急性・慢性期:ハイボルテージ

日常生活や仕事、スポーツなどでの使いすぎや疲労により筋の硬化に対して

慢性期:超音波療法

打撲や肉離れなどの治癒過程で硬結様に残っている筋繊維に対して

慢性期:超音波+ハイボルテージ

筋肉の全体的な硬化や一部筋繊維が硬くなっている場合に対して

仕様

HVMCデルタ 本体仕様

商品名 HVMCデルタ
メーカー名 日本メディックス株式会社
一般的名称 低周波治療器
電源定格
AC100-240V(50/60Hz)
電撃に対する保護の形式と程度
クラスI、BF型
消費電力 70VA
認証番号 230AIBZX00005000
サイズ (W)268×(D)310×(H)130(mm)
重量 4kg
JMDNコード 35372000
クラス分類 管理医療機器・特定保守管理医療機器(修理区分6)

Kaz株式会社では、接骨院・整骨院の最適な運営と患者様の満足、利益の最大化に繋がる医療機器を安価でご提案させていただいております。販売価格に関しましては、お気軽にお問い合わせください。

また、当ホームページ内で紹介している器械以外にも医療機器はたくさん取り扱っております。医療機器のデモやお見積もりに関しましても、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ