1. EU910|超音波治療器(伊藤超短波)

  2. アストロン|超音波治療器(テクノリンク)

  3. ウルトラソン|超音波治療器(日本メディックス)

  4. UST770|超音波治療器(伊藤超短波)

  1. アステオ|SSP複合治療器(日本メディックス)

  2. ES5000|複合治療機(伊藤超短波)

  1. ネオテクトロン|低周波治療器(テクノリンク)

  2. アストロン|超音波治療器(テクノリンク)

  3. アステオ|SSP複合治療器(日本メディックス)

  4. ルティーナ|低周波治療器(日本メディックス)

  5. セダンテネオ|干渉波治療器(日本メディックス)

  1. ウィンバック|ラジオ波(高周波治療器)

  2. ラジオスティム|ラジオ波(高周波治療器)

  1. セダンテネオ|干渉波治療器(日本メディックス)

  1. SONON(ソノン)|超音波画像診断装置

  2. HS-2200|超音波画像診断装置

  1. ES4000|ハイボルテージ(伊藤超短波)

  2. フィジオアクティブHV|ハイボルテージ(酒井医療株式会社)

  3. HVMCデルタ|ハイボルテージ(日本メディックス)

  4. EU910|超音波治療器(伊藤超短波)

  5. ES5000|複合治療機(伊藤超短波)

  1. EMS8|EMS機器(酒井医療株式会社)

  1. ショックマスター|圧力波治療器(酒井医療株式会社)

  2. MASTERPULS®ONE/マスターパルスONE|圧力波治療器

  1. セラピア|赤外線治療器(日本メディックス)

  2. フィジオパック|ホットパック(酒井医療株式会社)

  3. ITO-Inbody370s|体成分分析装置(伊藤超短波)

  1. 経営理念

    Kaz株式会社の3つの経営理念

  2. 会社概要

    Kaz株式会社 会社概要

  3. あいさつ

    整骨院の開業支援と医療機器販売はお任せください!

接骨院/整骨院の内装・看板のポイントと流れ・費用について

整骨院を開業する上で、内装のデザインや院の雰囲気は非常に需要です。

Kaz株式会社では、過去数十件と開業からおしゃれなデザインのレイアウトやリフォームまで接骨院や整骨院で工事実績のある提携業者とともに先生にぴったりの院を作ります

このページでは、内装工事を考えている先生にとって必要な構造設備基準テナントを決める上で重要なチェックポイント整骨院の内装や看板の資金に関することや、整骨院が出来上がるまでの流れなどをお伝えしていきます。

まずは、整骨院の内装を進める上で重要なポイントから確認していきましょう。

整骨院の内装で大切な2つのポイント

整骨院の内装工事で大切な2つのポイントは、構造設備基準テナントの決め方です。

整骨院の内装を決める上で、そもそも構造設備基準を満たしていなければ保健所から認可されませんし、テナントを決める際に失敗すると後から余計な資金が必要になるなど、開業までに足踏みをしてしまいます。

構造設備基準とテナントの決め方について、1つずつ確認していきましょう。

整骨院内装の構造設備基準

整骨院の構造設備基準には、最低限の基本基準に加えて地域別の指導基準があります。

■構造設備基準の【基本基準】

  1. 6.6平方メートル以上の専用施術室
  2. 3.3平方メートル以上の待合室
  3. 施術室が室面積の7分の1以上に相当する部分が外気に解放し得る
    ただし、これに換わる換気装置があればこの限りではない
  4. 施術に用いる器具、手指などの消毒設備を有する

■構造設備基準の【指導基準】

※指導基準は地域によって異なるため、整骨院を開業する管轄の保健所の指導基準も確認しましょう。

内装・テナントを決める際の注意点(空調・電気・水まわり)

以下に、注意するべきことを記載します。これからどのような整骨院にしたいかイメージする先生も、下記のリストを確認した上でイメージすると準備を進めやすいと思います。

  • 空調設備(エアコン)などがついているか
  • ブレーカー(配電盤)の電気容量は足りるか
  • コンセントの位置は運営上問題ないか
  • トイレなど水まわりの設備はあるか
  • トイレの位置と施術ルームとの距離など
  • バリアフリー化はできるか
  • ベッドの配置・カーテンの設置位置
  • 窓の位置や光の入り具合
  • 消防設備基準など

細かくチェックしないといけないのか不安になると思いますが、Kaz株式会社では上記の2つのポイントも熟知した、整骨院の内装工事の実績ある提携業者がサポートいたしますので安心してご相談ください。

次章では、実際の整骨院の内装の流れについてお伝えしていきます。

内装の流れ

ヒアリング

まずは先生のご希望の整骨院内装についての予算イメージスケジュールなどをヒアリングしイメージを共有します。

整骨院の内装に関しては初めての方がほとんどです。どんなことでもお気軽にご質問・ご相談ください。

現地調査

一緒に物件を見て回り、空調・電気・水回りなど設備状況を確認し、先生からヒアリングした整骨院の内装イメージに合うかどうかを一緒に調査いたします。

図面作成(平面図・3Dパース図)

整骨院内装のイメージのヒアリングと現地調査の結果を中心に、平面図と3Dパース図を作成します。

見積作成

Kaz株式会社では、整骨院の内装だけでなく、外のカッティングシートや看板も全てトータルで請け負っていますので、あちこちにご連絡する手間も省けますので、総合的にお見積もりを出すことができます。

工事着工

実際のヒアリングから工事終了までの期間はクライアント様により様々ですが、内装工事期間としてはおおよそ2週間~1ヵ月程度となります。

テナント引渡し

接骨院・整骨院を多く手がけている内装業者と提携している当社だからこそできる、きめ細かな対応が当社最大の強みとなっております。

内装工事の費用相場

ここからは、ここまで紹介してきた整骨院の内装に関する内容が、実際にどれくらいの費用なのかをご紹介します。

テナント契約料:50~100万円

テナントを借りる際にかかる契約料に関する費用で、いわゆる敷金・礼金・保証金です。

場合によっては、金融機関からの借入が確定していないと契約しないと言われるケースもあります。事前にどういう契約でテナントを借りられるかの確認も重要です。

内装工事費用:100~500万

整骨院の内装費用は、テナントにより大きく異なります。費用の差としては最も大きい部分です。

前店舗が整骨院だった場合はほんの少しの手直しでOKですが、スケルトン(コンクリートむき出し、何も内装工事されていない状態)の場合は費用はその分高くなります。

テナント料も内装工事費用も、先生の予算やイメージに合わせられるよう誠実に支援させていただきますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。

整骨院看板・外装デザインの事例

先生のご要望・イメージと立地にあった、より集客効果の高い外装・看板をご提案いたします。

接骨院・整骨院の内装・外装・看板に関しては以下のボタンからご相談・お問い合わせできます。

また、接骨院・整骨院の内装・外装・看板以外にも、開業までのコンセプト設定などのプランニングや、接骨師会・整骨師会の紹介、事業計画・資金計画支援を無料でサポートさせていただいております

以下のボタンよりご覧ください。